【令和2年10月】届いた年金振込通知書の金額を確認しました

南アルプス 赤石岳頂上年金振込通知書

令和2年10月に「年金振込通知書」の葉書が届きました。

保険料の特別徴収額が変更されたため、変更された振込額が通知されました。

本記事では「年金振込通知書」の内容について紹介します。

スポンサーリンク

年金振込通知書【令和2年6月】

今回の通知書には令和2年10月から令和3年4月までの年金支給額と、支給額から天引きされる社会保険料、源泉徴収額、そして実際に振り込まれる金額が記載されています。

年金振込通知書2020-10

年金支払額について

令和2年度年金額

令和2年度の老齢年金の支払総額は以下のとおりです。

  • 基礎年金  754,015円
  • 厚生年金 1,323,775円
    • 報酬比例額 932,875円
    • 配偶者加給 390,900円
  • 合計 2,077,790円

詳細は以下の記事で解説しています。

年金改定通知書の金額を確認しました、令和2年6月 
年金支給額は毎年度改定され6月に通知されます。令和2年度(2020年)の年金額が通知されたので、内容を確認していきます。ねんきんネットで確認しました年金の支払いに関する通知書はハガ...

各回の支払額

1回の支給額は合計額を6等分します。1円未満切り捨てます。

  • 2,077,790÷6=346,298円

切り捨てた分は2月に加算されます。

  • 2,077,790-346,298×6=2
    346,298+2=346,300円

介護保険料を確認しました

介護保険の資格が、65歳で2号から1号に変更されます。

介護保険料は、2号の場合は国民健康保険料に含まれて世帯単位で徴収されますが、1号になると一人ひとりから徴収されます。

私の場合、令和元年8月で65歳になり、8月分から1号としての介護保険料の納付が始まりました。

令和元年度分は納付書による納付でしたが、令和2年4月の年金支払い額から令和2年度分の介護保険料の天引き「特別徴収」が始まりました。

年金天引き「特別徴収」

介護保険は、年6回に分けて、年金から天引きされます。4・6・8月は仮徴収、10・12・2月は本徴収となります。

特別徴収の方法

本徴収で分割金額に100円未満の端数があるときは、端数をまとめて10月に合算します。

私の介護保険料

私の介護保険料は年額で39,650円です。

年金支払額から天引きされる年金額は以下のとおりです。

4月6月8月10月12月2月
5,3005,3007,2007,4507,2007,200

8月は本来は仮徴収ですが、各回の保険料額の平準化を図るため8月に調整する場合があり、私の場合は8月の納付分から金額の変更がありました。

10月は端数が合算された金額になっています。

国民健康保険料は…

国民健康保険料は天引きされていません。

国民健康保険料は、世帯の国民健康保険加入者全員の年齢が65歳になり介護保険1号となると、年金から特別徴収されます。

私の場合は妻が65歳未満なので、国民健康保険料は普通徴収になっています。

所得税

源泉徴収額は、2ヵ月分の年金支給額ごとに計算されます。控除額も2ヵ月分になります。

年金支払額にかかる控除額

1ヵ月

控除の種類1ヵ月あたり控除額2ヵ月あたり控除額
公的年金控除、
基礎控除相当
【65歳以上の人】
1ヵ月分支払額×25%
+65,000円
最低額135,000円
2ヵ月分支払額×25%
+130,000円
最低額270,000円
配偶者控除32,500円65,000円

2ヵ月分の年金支払額が56万円になった場合、公的年金控除、基礎控除相当の金額は、

  • 560,000×25%+130,000=270,000円

となります。

すなわち、2ヵ月分の支給額が56万円以下なら、公的年金控除、基礎控除額は27万円になります。

源泉徴収額

源泉徴収額は以下の式で算出します

源泉徴収額
=(年金支給額-各種控除額-社会保険料)×5.105%

私の場合の控除額は以下のとおりです。

  • 公的年金等控除、基礎控除相当 270,000円
  • 配偶者控除 65,000円
  • 10月源泉徴収額
    =(346,298-270,000-65,000-7,450)×5.105%
    =3,848×5.105%
    =196円
  • 12月源泉徴収額
    =(346,298-270,000-65,000-7,200)×5.105%
    =4,098×5.105%
    =209円

個人住民税は非課税です

住民税は昨年の所得金額により判定されます。住民税非課税所得金額は以下のとおりです。

配偶者・扶養親族住民税非課税
所得金額
配偶者なし・扶養親族なし35万円
配偶者あり・扶養親族なし91万円
配偶者あり・扶養親族1人126万円
配偶者あり・扶養親族2人161万円

私の場合、「配偶者あり・扶養親族なし 91万円以下」に該当し、住民税は非課税になっています。

まとめ

今回、年金支払通知書が届いたのは、介護保険料がに変更があり、年金振込額に変更が生じたことによります。

来年度の年金額は、来年6月に4・5月分の支払いが行われます。その時点でまた年金振込額の変更があることになります。