年金額改定通知書の年金額を確かめてみました…2019年6月

北アルプス 黒部五郎岳 全般

令和元年(2019年)6月1日の日付で、厚生年金保険の「年金額改定通知書」が届きました。

私は、平成27年(2015年)8月で61歳になり、9月分より「特別支給の老齢厚生年金」を受給しています。令和元年8月で65歳にになるので「特別支給の…」は8月分までになり、9月分より本来支給が始まります。

今回の「年金額改定通知書」には年金額の年額と、6月から8月までの振込金額が記載されていました。

スポンサーリンク

年金額(年額)930,523円

これが届いた「年金額改定通知書」です。
年金額改定通知書
年金額(年額)930,523円
これは、特別支給の老齢厚生年金の金額です。厚生年金の報酬比例部分の金額が支給されます。

特別支給の老齢厚生年金とは、支給開始年齢は
昭和61年度(1986年度) から基礎年金制度が導入され、年金制度が大幅に変わりました。 国民年金は全国民共通の基礎年金となり、厚生年金は基礎年金に上乗せされる報酬比例年金になりました。 厚生年金加入者の老齢年金は旧制度では定額部分+報酬比例部分となっていましたが、定額部分が基礎年金に置き換わり、基礎年金+報酬比例年金になりました。 昭和6...

老齢厚生年金の報酬比例部分の計算には2通りの方法があります

特別支給の老齢厚生年金は、老齢厚生年金の報酬比例部分が支給されます。報酬比例部分の計算には2通りの方法があります。

  • (1)本来水準の年金額
  • (2)従前額保障の年金額

報酬比例部分の年金額は、本来(1)の式によって算出した額となりますが、(1)の式によって算出した額が(2)の式によって算出した額を下回る場合には、(2)の式によって算出した額が報酬比例部分の年金額になります。

(1)本来水準の年金額
平均標準
報酬月額
×7.125/1000×平成15年3月
までの月数
=A
平均標準
報酬額
×5.481/1000×平成15年4月
以降の月数
=B
A+B=年金額 

(2)従前額保障の年金額
平均標準
報酬月額
×7.500/1000×平成15年3月
までの月数
=A
平均標準
報酬額
×5.769/1000×平成15年4月
以降の月数
=B
(A+B)×従前額改定率=年金額

厚生年金報酬比例部分計算用シートで算出してみました

ねんきん定期便や年金ネットに記載されている各月の標準報酬額を入力し厚生年金の報酬比例部分を算出する計算用シートを作成しています。

<平成元年度版>厚生年金報酬比例部分計算用ワークシート、ダウンロードOK!
私は2015年61歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受給しています。これは老齢厚生年金の報酬比例部分に相当します。 報酬比例部分の計算はとても複雑ですが、「ねんきん定期便」の標準報酬額を入力して計算する平成元年度版のワークシートを作成しました。 ねんきん定期便やねんきんネットに記載されている報酬額を入力すると厚生年金の報酬比例部分を求めることがで...

これに入力し年金額を求めてみました。

年金額は従前額保障年金額でした

年金額(年額)930,523円は従前額保障年金額でした。1円の誤差が出ました。端数計算の違いだと思われます。

振込金額を確かめました

振込は2ヶ月毎に15日に行われます。土曜日曜休日が重なるときは、15日よりの金融機関営業日に行われます。

4,5月分は6月に、6,7月分は8月に振り込まれます。

930,523円÷12×2=155,087円

9月分からは65歳になり老齢年金の本格支給が始まるので記載はありません。

まとめ

今回の年金額通知書の金額は特別支給の老齢厚生年金で老齢厚生年金の報酬比例部分の金額です。

通知が届いた方は、厚生年金の報酬比例部分を算出する計算用シートを作成していますので、ねんきん定期便や年金ネットに記載されている標準報酬額を入力して確認してみてはいかがでしょうか。