公表された新年度の年金額を改定率から自分で算出してみました

南アルプス百閒平より赤石岳 全般
南アルプス百閒平より赤石岳

毎年1月に新年度の年金額改定率と年金額が公表されます。

改定率の決定ルールについては以下の記事にまとめました。

平成31年度(令和元年度)の老齢年金額はプラス0.1%<年金額改定率決定のルール>
毎年1月に新年度の老齢年金の額と国民年金保険料が厚労省より公表されます。 平成31年度の老齢基礎年金と老齢厚生年金の支給額が公表されました。 年金を受給し始める際の年金額(新規裁定年金)、受給中の年金額(既裁定年金)ともに、改定率がプラス0.1%となりました。 平成31年度(令和元年度)新規裁定者の年金額 老齢基礎年金(月額):65,00...

この記事では、公表された年金額を改定率から算出します。

スポンサーリンク

改定率と年金額の推移

基礎年金
老齢基礎年金の年金額は、20歳から59歳までの40年間加入した場合の満額支給額です。

夫婦モデル年金
夫が平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった場合の、夫婦2人分の老齢年金額、2人分の基礎年金額と夫の厚生年金の報酬比例額の合計金額です。

年度改定率基礎年金
(月額)
夫婦モデル年金
(月額)
H27(2015)+0.9%65,008221,507
H28(2016)+0.0%65,008221,504
H29(2017)-0.1%64,941221,277
H30(2018)+0.0%64,941221,277
R01(2019)+0.1%65,008221,504

※H28年度は改定率0%ですが、年金額(年額)の端数処理がそれまでの100円未満四捨五入から1円未満四捨五入に改められ、差額が生じました。

基礎年金額を算出します

基礎年金額(満額)は、平成16年に定められた780,900円に当年度改定率を乗じて算出します。

当年度改定率は、前年度改定率に毎年決定する改定率を乗じて算出します。

  • 当年度基礎年金額
    =780,900円×当年度改定率
  • 当年度改定率
    =前年度改定率×改定率

当年度改定率を算出します

前年度改定率×改定率=当年度改定率

年度前年度
改定率
改定率当年度
改定率
H27(2015)0.9851.0140.999
H28(2016)0.9991.0000.999
H29(2017)0.9990.9990.998
H30(2018)0.9981.0000.998
R01(2019)0.9981.0010.999

平成26年度は本来水準より0.5%高い特例水準の年金額でした。平成27年度の改定率は+0.9%になっていますが、これは平成26年度の特例水準の年金額に対する改定率でした。本来水準の年金額で比較すると、平成27年度の改定率は+1.4%になります。表中の改定率は本来水準の改定率になっています。

当年度基礎年金額を算出します

780,900円×当年度改定率=当年度基礎年金額

年度当年度
改定率
当年度
年金額
(年額)
当年度
年金額
(月額)
H27(2015)0.999780,10065,008
H28(2016)0.999780,10065,008
H29(2017)0.998779,30064,941
H30(2018)0.998779,30064,941
R01(2019)0.999780,10065,008

端数処理:年額は100円未満四捨五入、月額は1円未満切り捨てになっています。

実際の年金の支払いは、偶数月に2ヶ月分が支払われます。各期支払額における1円未満の端数が生じたときはこれを切捨て、切り捨てた端数の合計額を2月期の支払額に加算して支払います。

モデル年金世帯の夫の厚生年金報酬比例部分を算出します

モデル年金世帯の夫は平均標準報酬額42.8万円で40年間就業したとしています。

この場合、厚生年金の報酬比例額(本来水準)の算出式は以下のようになります。

報酬比例額(年額)
=428,000×再評価率×5.481/1000×480

再評価率を算出します

前年度再評価率×改定率=当年度再評価率

年度前年度
再評価率
改定率当年度
再評価率
H27(2015)0.9621.0140.975
H28(2016)0.9751.0000.975
H29(2017)0.9750.9990.974
H30(2018)0.9741.0000.974
R01(2019)0.9741.0010.975

報酬比例額を算出します

428,000×再評価率×5.481/1000×480
=報酬比例額

年度当年度再評価率報酬比例額(年額)報酬比例額(月額)
H27(2015)0.9751,097,90091,491
H28(2016)0.9751,097,86691,488
H29(2017)0.9741,096,74091,395
H30(2018)0.9741,096,74091,395
R01(2019)0.9751,097,86691,488

※年額を求めるときの端数処理が、H27までは100円未満を四捨五入していましたが、H28年より1円未満を四捨五入することになりました。

夫婦ふたりのモデル年金額を算出します

基礎年金額×2+夫の報酬比例額

年度基礎年金(月額)報酬比例額(月額)夫婦モデル年金額(月額)
H27(2015)65,00891,491221,507
H28(2016)65,00891,488221,504
H29(2017)64,94191,395221,277
H30(2018)64,94191,395221,277
R01(2019)65,00891,488221,504

まとめ

毎年1月に公表される年金額は以下の式で算出します。

  • 基礎年金(満額)
    =780,900円×当年度改定率
  • 厚生年金報酬比例額
    =428,000×当年度再評価率×5.481/1000×480

毎年1月に、物価変動率・賃金変動率・マクロ経済スライド調整率より、前年度に対する新年度の年金改定率が決まります。それを前年の改定率・再評価率に乗じて、当年度改定率・当年度再評率を算出します。

  • 当年度改定率=前年度改定率×改定率
  • 当年度再評価率=前年度再評価率×改定率

夫婦2人のモデル年金額は以下の式で算出します。

  • モデル年金額
    =夫婦2人分の基礎年金額+夫の厚生年金報酬比例額