加給年金

厚生年金

振替加算が生まれた年度により減額されるのはなぜ?

加給年金と振替加算については以下の記事で詳しく取り上げました。 今回は振替加算についてさらに詳しく調べてみました。 加給年金から振替加算へ 厚生年金加入期間が20年以上ある人が、65歳になり本来支給の老齢厚生年金の支給が始まるとき、65歳未満の配偶者がいる場合、本人の老齢厚生年金に配偶者加給年金が上乗せされます。 その配偶者...
2020.12.09
厚生年金

配偶者加給年金とは、振替加算とは、図解で説明します

私は、2019年8月に65歳になり老齢年金の本来支給が始まりました。 65歳からは、年下の妻がいるため、老齢厚生年金に配偶者加入年金が加算されています。 私の加給年金の金額は、特別加算額と合わせて以下の金額になっています。 2020年度 390,900円2021年度 390,500円 この配偶者加給年金は妻が65歳になると支給停止に...
2021.04.28
繰上げ繰下げ

年金繰下げ受給計算シートを作成しました…ダウンロードOK

私の場合、61歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受給していましたが、2019年8月で65歳になり、9月分から老齢基礎年金と老齢厚生年金の本来支給が始まります。 65歳からの本来受給に際し、老齢基礎年金と老齢厚生年金のそれぞれについて受給開始を希望するかどうかのお伺い的な手続きがあります。 その際、繰下げ受給の場合の年金支給額を計算するシートを作成...
2021.05.18
全般

繰下げ受給を検討、繰下げしている間は配偶者加給年金がもらえない…

私は令和元年(2019年)8月で65歳になり、老齢年金の本来支給の権利が発生します。 最近とくに「繰下げ受給すると年金が増えてお得ですよ」という情報が聞こてきます。 これは、年金の支給開始年齢をなんとか引き上げて将来の年金の安定につなげたい政府の思惑が感じられます。 若い人には申し訳ないですが、将来的には年金の支給開始年齢の引き上げは避け...
2021.04.22
厚生年金

65歳からの老齢厚生年金には加給年金も加算されます。対象者は?条件は?

平成27年(2015年)9月に、61歳からの特別支給の老齢厚生年金の手続きをしたとき、制度共通年金見込額照会回答票という書類を2通もらいました。 1通は61歳からの特別支給の老齢厚生年金の支給見込額、もう1通は65歳からの老齢基礎年金と老齢厚生年金の支給見込額が記載されていました。 下の画像は65歳からの支給見込額が記載された照会回答票です。老...
2021.05.17