社会保険と税金

扶養親族等申告書

父に「扶養親族等申告書」の再度の案内が来ました

年金受給者が所得税の配偶者控除などの各種控除を受ける場合、毎年10月末までに次年分の「扶養親族等申告書」を提出する必要があります。 父は、「配偶者がいない」、「自身が障害者ではない」ということで扶養親族等申告書を提出する必要がなく、昨年10月に提出しなかったのですが、この2月に再度の案内が来ました。 令和3年2月に送られてきた扶養親族等申告書の...
2021.02.15
源泉徴収票

電子版「公的年金の源泉徴収票(令和2年分)」を確認しました

ねんきんネットから、電子版「公的年金の源泉徴収票」についてのお知らせメールが来ました。 源泉徴収票の正式版は郵送で送られてきますが、まず電子版(写し) を確認しました。 公的年金の源泉徴収票(令和2年分) 年金振込通知書の金額を振り返ります ▼2020年 年金振込通知書の金額 支払月年金支払額介護保険料所得税※2月34...
2021.01.21
社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の住民税非課税211万円の壁とは…令和3年度版

65歳からの年金収入には「211万円の壁」があります。 夫婦2人世帯で夫の年金が211万円以下になる場合、夫の個人住民税が非課税になります。 さらに妻も非課税なら住民税非課税世帯となり、様々なメリットがあります。 令和2年の税制改正により、公的年金等控除が一律10万円引き下げられ、令和3年度の住民税から適用されますが、住民税非課税の基準額...
2020.12.04
社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の個人住民税…令和3年度版

個人住民税は前年の収入により決定します。 例えば、令和3年度の個人住民税は令和2年1月から12月の収入により決定します。 令和2年の税制改正により、個人住民税の課税基準が改正され、令和3年度徴収分から適用されます。 65歳からの年金受給者の個人住民税の算出方法、徴収方法などを確認しました。 個人住民税の課税の仕組み 個人住民税...
2021.02.19
年金振込通知書

【令和2年10月】届いた年金振込通知書の金額を確認しました

令和2年10月に「年金振込通知書」の葉書が届きました。 保険料の特別徴収額が変更されたため、変更された振込額が通知されました。 本記事では「年金振込通知書」の内容について紹介します。 年金振込通知書【令和2年6月】 今回の通知書には令和2年10月から令和3年4月までの年金支給額と、支給額から天引きされる社会保険料、源泉徴収額、そして...