父の年金

後期高齢者医療制度

父が15日間入院して高額療養費制度の適用を受けました

超後期高齢者の父が2022年の年明けから体調を崩し15日間入院しました。 幸い大事に至らず体調も回復し無事退院してホームに戻ることができました。 今回の医療費では高額療養費制度が適用され、負担額が減額されていました。 後期高齢者の高額療養費制度についてまとめました。 医療費が高額療養費の限度額「57,600円」になりました ▼...
2022.03.22
父の年金

【2021年10月】父の年金振込通知書の内容を確認しました

2021年10月、父の年金振込通知書が送られてきました。 先日は私自身の年金振込通知書を記事にしましたが、今回は父の年金振込通知書の内容を確認します。 独り身の父は、約67,000円天引きされています。 私自身の年金振込通知書の記事 令和3年 年金振込通知書 年金振込通知書の金額部分を切り抜きました。 年...
2022.03.19
父の年金

父に「扶養親族等申告書」の再度の案内が来ました

年金受給者が所得税の配偶者控除などの各種控除を受ける場合、毎年10月末までに次年分の「扶養親族等申告書」を提出する必要があります。 父は、「配偶者がいない」、「自身が障害者ではない」ということで扶養親族等申告書を提出する必要がなく、昨年10月に提出しなかったのですが、この2月に再度の案内が来ました。 令和3年2月に送られてきた扶養親族等申告書の...
2022.03.22
父の年金

65歳以上の年金にかかる源泉徴収…父の年金振込通知書の場合

年金にかかる「所得税および復興特別所得税」は偶数月に支払われる年金額から源泉徴収されます。 また、介護保険料、国民健康保険料(75歳以上は後期高齢者医療保険料)、個人住民税は、特別徴収として年金支払額から天引きされます。 この記事では、私の父に届いた令和元年度の年金振込通知書を例に65歳以上の年金にかかる源泉徴収の仕組みを確かめます。 父...
2022.03.21
父の年金

【令和元年10月】父の年金振込通知書 毎回約6.5万円!引かれています

父は98歳、昨年から老人ホームに入っています。要介護1の認定を受けていますが、認知能力もほぼ問題なく、毎日ホームの近くの公園を散歩しています。 父は厚生年金と恩給を受給していますが、厚生年金の「年金振込通知書」が送られてきました。内容を確認したいと思います。 年金振込通知書 2019年10月 平成30年(2018年)所得金額 ...
2022.03.20