【2021年10月】令和4年分扶養親族等申告書を提出しました

北岳の尾根から富士山遠望 扶養親族等申告書

「年金からの所得税の源泉徴収」の対象になると、配偶者控除などの所得控除を受けるために、毎年10月に「扶養親族等申告書」を提出する必要があります。

今年も、この「扶養親族等申告書」を提出しました。

スポンサーリンク

大切なお知らせ

扶養親族等申告書大切なお知らせ

申告書作成と提出の手引き【令和4年分・継続】

昨年も提出しているので、今回の手引きは【継続】版でした。

令和4年分 扶養親族等申告書

配偶者の欄などは印字されているので、変更なしに○をつけて、署名欄と提出日を記入するだけになっています。

父に送られてきた案内、父は提出不要です

別居の父にも「扶養親族等申告書」の案内が郵送されてきました。

父は配偶者・扶養親族がおらず障害者でもないので提出不要です。昨年も提出していないので今年は【新規】の案内が送られてきました。今年も父の分は提出しません。

令和元年までは扶養親族がいない人も提出する必要がありました

平成31年分・令和元年分(平成30年提出分)は、配偶者や扶養親族がいない人も「扶養親族等申告書」を提出する必要がありました。

提出しなかった場合、所得税率が2倍になっていました。

平成31年分・令和元年分(平成30年提出分)のお知らせ

扶養親族等申告書-H30提出分
令和2年分からは税率の差はなくなりました