マクロ経済スライド

年金額年度改定

【2023年度版】マクロ経済スライド調整の仕組み、令和5年度は繰越分と合わせて-0.6%

マクロ経済スライド調整とは、現役の被保険者の減少と平均余命の伸びに応じて年金額を抑えるしくみです。 令和5年度単年のマクロ経済スライド調整率は-0.3%ですが、令和3年度繰越分-0.1%、令和4年度繰越分-0.2%とあわせて、令和5年度は-0.6%適用されることになりました。 マクロ経済スライド調整の仕組みについてまとめました。 令和5年...
年金額年度改定

【2023年度版】厚労省発表の年金額を改定率から算出して確かめてみました

令和5年1月に令和5年度の年金額が厚労省より公表されました。 67歳になる年度の年度末まで支給される年金を新規裁定年金、68歳になる年度から支給される年金を既裁定年金といいます。 新規裁定年金 2.2%の引き上げ 老齢基礎年金(月額):66,250円 老齢厚生年金(月額):224,482円 既裁定年金 1.9...
年金額年度改定

【2023年度版】令和5年度年金額、マクロ経済スライド適用、新既裁定+2.2%、既裁定+1.9%、

令和5年1月20日、厚労省より令和5年度の老齢基礎年金と老齢厚生年金の年金額が発表されました。 65歳から支給される年金を新規裁定年金、68歳になる年度から支給される年金を既裁定年金といいます。 これまで両裁定年金とも同じ改定率で推移してきましたが、令和5年度は異なる改定率になりました。 また、3年ぶりにマクロ経済スライド調整も適用され...
トピックス

NHKニュース 令和5年度の年金額は3年ぶりに前年度を上回るとのこと

2023年1月20日に、厚生労働省より令和5年度の年金額が公表されました。 NHKで来年度令和5年度の年金額についてのニュースがありました。令和5年度の年金額は3年ぶりに前年度を上回るとのことです。 ニュースの要旨 来年度の年金額について、 3年ぶりに前年度を上回る マクロ経済スライド実施 賃金上昇率 +2...
トピックス

国民年金の加入期間を45年にする案が検討されている件について

国民年金は現在20歳から59歳までの40年間加入することが義務付けられています。 この加入期間を20歳から64歳までの45年間に延長することが検討されているとのこと。 国民年金の加入期間を5年延長することにより年金支給額がどうなるのかを見ていきます。 2019年の財政検証ですでに加入期間45年の試算が示されています 公的年金は5年ご...