在職老齢年金

在職老齢年金

2022年4月以降、65歳未満の在職老齢年金の支給停止基準が緩和されます

会社員や公務員として厚生年金に加入している人が老齢厚生年金を支給される場合、在職老齢年金制度の対象となり、年金月額と報酬月額の合計額が支給停止基準額を上回る場合、年金の一部または全部が支給停止になります。 老齢厚生年金は、本来は、老齢基礎年金に上乗せする形で65歳から支給されますが、65歳未満の該当者には「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。 ...
2021.05.25
厚生年金

年金制度改革法成立2020年 在職老齢年金の見直し

新型コロナウイルスへの警戒が続いている中、5月29日「年金制度改革関連法」が成立しました。 今回の改革には以下のポイントがあります。 パートなどの短時間労働者への厚生年金適用範囲の拡大老齢年金の繰下げ受給を75歳まで拡大65歳未満の在職老齢年金制度の減額基準の見直し65歳以上で働く場合の老齢厚生年金を毎年再計算個人型確定拠出年金「iDECO」が...
2020.06.05
全般

60歳から年金を増やす方法、厚生年金最強!国民年金任意加入もあり

長生きリスクに備える第一の方法はなんと言っても「年金」です。 私自身は54歳で退職勧奨によリ早期退職し厚生年金から国民年金に移行しました。 会社勤めのときはほとんど年金について考えることはありませんでしたが、退職後遅ればせながら年金の大切さをひしひしと感じるようになりました。 この記事では60歳からどのようにして年金を増やすかを記事にしま...
2021.05.05
年金アドバイザー

2019年10月年金アドバイザー3級(問37)在職老齢年金の問題を間違えました

2019年10月、銀行業務検定試験「年金アドバイザー3級」を受験しました。 答え合わせをすると残念ながら数問間違っていました。 その中でも、(問37)在職老齢年金の問題がなぜ間違っているのかわからず調べてみました。 (問37)在職老齢年金の問題内容 昭和32年2月10日生まれ63歳に達した日に、44年10ヵ月勤務したV社を退...
2021.05.19