市民税

社会保険と税金

【2021年度版】65歳からどうなる?年金受給者の個人住民税

個人住民税は前年の収入により決定します。 例えば、令和3年度の個人住民税は令和2年1月から12月の収入により決定します。 令和2年の税制改正により、個人住民税の課税基準が改正され、令和3年度徴収分から適用されます。 65歳からの年金受給者の個人住民税の算出方法、徴収方法などを確認しました。 個人住民税の課税の仕組み 個人住民税...
2021.05.19
社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の個人住民税(令和2年度まで)

私は61歳から特別支給の老齢厚生年金を受給していますが、2019年8月に65歳になり、老齢厚生年金の本来支給が始まりました。 個人住民税は介護保険料や健康保険料とともに年金の支払いから天引き徴収になります。 個人住民税の算出方法、徴収方法などを調べました。 個人住民税の課税の仕組み 個人住民税は個人にかかる税金です。一人ひとりの収入...
2020.11.06
社会保険と税金

年金生活者の住民税…父の「市民税・県民税 税額決定・納税通知書」

令和元年6月、父の「平成31年度 市民税・県民税 税額決定・納税通知書」が届きました。 父は90歳代後半、配偶者・扶養親族なし、収入は厚生年金と恩給という状況です。 年金生活者の住民税がどのように決定されるのか見ていきたいと思います。 収入は厚生年金と恩給 収入は老齢厚生年金と軍人恩給になります。 平成30年度 老齢厚生年金:2,41...
2019.06.23