源泉徴収

年金振込通知書

【令和2年10月】届いた年金振込通知書の金額を確認しました

令和2年10月に「年金振込通知書」の葉書が届きました。 保険料の特別徴収額が変更されたため、変更された振込額が通知されました。 本記事では「年金振込通知書」の内容について紹介します。 年金振込通知書【令和2年6月】 今回の通知書には令和2年10月から令和3年4月までの年金支給額と、支給額から天引きされる社会保険料、源泉徴収額、そして...
年金振込通知書

年金振込通知書と源泉徴収額を確認しました【令和2年6月】

令和2年6月に、「年金額改定通知書」と「年金振込通知書」が一体となったはがきが届きました。 年度ごとに改定される年金額と、6月から翌年4月まで2ヵ月ごとに支払われる年金額を同時に通知するものです。 年金額改定通知書の年金額については以下の記事で詳しく紹介しています。 本記事では「年金振込通知書」の内容について紹介します。 年...
年金振込通知書

扶養親族等申告書を提出、年金からの源泉徴収が始まります

令和元年(2019年)9月分より老齢基礎年金と本来支給の老齢厚生年金の支給が始まりました。 そのため、令和2年より「年金からの所得税の源泉徴収」の対象となり、「扶養親族等申告書」の提出することになりました。 老齢年金からの所得税の源泉徴収 老齢年金の支給額が次の場合、所得税の源泉徴収の対象になります。 65歳未満で108万円...
2020.04.08
社会保険と税金

令和2年分扶養親族等申告書に昨年からの変更点がありました

年金収入が一定以上になると、年金支払額から、所得税が源泉徴収されます。 65歳未満は年金額108万円以上の場合、65歳以上は年金額158万円以上の場合、源泉徴収の対象になります。 年金にかかる所得税の配偶者控除や扶養親族控除を受けるためには「扶養親族等申告書」の提出が必要になります。 提出しない場合は公的年金等控除や基礎控除も受けられない...
2019.10.23
年金振込通知書

【令和元年10月】年金振込通知書 65歳からの本来支給が始まります

私は2015年8月で61歳になり「特別支給の老齢厚生年金」を受給してきましたが、2019年8月で65歳になり、9月分から老齢基礎年金と老齢厚生年金の本来支給が始まります。 2019年10月に「年金振込通知書」が送付されてきました。その内容を確認したいと思います。 2019年10月の年金振込通知書 支払月令和元年10...
2020.04.08