年金関連データ集

南アルプス小河内岳より富士山遠望全般
南アルプス小河内岳より富士山遠望

老齢基礎年金満額

国民年金に20歳から59歳までの40年間加入した場合の満額支給額です。
年金額=満額×加入月数/480

年度月額年額
H27(2015)65,008780,100
H28(2016)65,008780,100
H29(2017)64,942779,300
H30(2018)64,942779,300
R01(2019)65,008780,100
R02(2020)65,141781,700

老齢厚生年金モデル年金

夫が平均的な報酬で40年間就業し妻がその期間すべて専業主婦であった場合の、夫婦二人世帯の老齢基礎年金を含めた年金額です。

  • モデル年金
    =基礎年金満額×2+夫の報酬比例部分

平均報酬月額42.8万円として(月額)

年度基礎年金報酬比例部分モデル年金
H27(2015)65,00891,491221,507
H28(2016)65,00891,488221,504
H29(2017)64,94191,395221,277
H30(2018)64,94191,395221,277
R01(2019)65,00891,448221,504

平均報酬月額43.9万円として (月額)

財政再計算により、報酬比例部分を算出する平均報酬額と再評価率が改定されました。

年度基礎年金報酬比例部分モデル年金
R01(2019)65,00890,250220,266
R02(2020)65,14190,442220,724

配偶者加給年金

厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある人が、65歳到達時点で、その人に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいるときに加算される。配偶者が65歳になると停止される。

年度加給年金特別加算合計
H27(2015)224,500165,600390,100
H28(2016)224,500165,600390,100
H29(2017)224,300165,500389,800
H30(2018)224,300165,500389,800
R01(2019)224,500165,600390,100
R02(2020)224,900166,000390,900

※特別加算は誕生日が昭和18年4月2日以降の受給者の金額

老齢厚生年金定額単価

特別支給の老齢厚生年金の定額部分の金額の計算で、「定額単価×加入月数」として用いる。また、20歳未満60歳以降に厚生年金に加入した場合に支給される「差額加算」の計算にも用いられる。

年度定額単価
H27(2015)1,626
H28(2016)1,626
H29(2017)1,625
H30(2018)1,625
R01(2019)1,626

年金額改定率

  • ベース:基本ルールによる改定率
  • マクロ:マクロ経済スライド調整率
  • 改定率:実際に適用された改定率
年度ベーススライド改定率
H28(2016)0.0%0.0%
H29(2017)-0.1%-0.1%
H30(2018)0.0%0.0%
R01(2019)+0.6%-0.5%+0.1%
R02(2020)+0.3%-0.1%+0.2%

国民年金保険料

H16年に決定した国民年金保険料に、物価変動や賃金変動から算出した改定率をかけて、毎年度の保険料を決定しています。

  • 国民年金保険料
    =H16年決定保険料額×改定率
  • 改定率
    =前年改定率×物価変動率×実質賃金改定率
年度H16年決定額改定率保険料月額
H28(2016)16,6600.97616,260
H29(2017)16,9000.97616,490
H30(2018)16,9000.96716,340
R01(2019)17,0000.96516,410
R02(2020)17,0000.97316,540
R03(2021)17,0000.97716,610

※2年前納のため次年度分の保険料も決められています。