介護保険

社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の住民税非課税211万円の壁とは…令和3年度版

65歳からの年金収入には「211万円の壁」があります。 夫婦2人世帯で夫の年金が211万円以下になる場合、夫の個人住民税が非課税になります。 さらに妻も非課税なら住民税非課税世帯となり、様々なメリットがあります。 令和2年の税制改正により、公的年金等控除が一律10万円引き下げられ、令和3年度の住民税から適用されますが、住民税非課税の基準額...
2020.12.04
社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の介護保険、2020年4月版

40歳になると「介護保険第2号被保険者」として介護保険料の納付が始まります。 会社員などは給与からの天引きで、個人事業主などは国民健康保険料に含まれて徴収されます。 65歳になると介護保険の資格が第2号から第1号に変わり、それに伴って、原則、公的年金からの天引き…特別徴収…となります。 私も2019年8月で65歳になり、「第1号被保険者」...
2020.04.18
年金振込通知書

【令和2年4月】年金振込通知書 介護保険料の特別徴収が始まりました

令和2年4月付の年金振込通知書が届きました。 郵送で送られてくる通知書もありますが、ねんきんネットで電子版も見ることができます。私は関西の自宅にいない場合も多く、メールで通知を受け取り、今回も電子版で確認しました。 令和2年4月分から、介護保険料の「特別徴収」、すなわち年金支給額からの天引きが始まりました。 令和2年4月 年金振込通知書 ...
2020.04.10
社会保険と税金

65歳の誕生日の前後で介護保険被保険者証・保険料納入通知書が送られてきました

私は令和元年(2019年)8月で65歳になりますが、7月に市の国民健康保険課より「介護保険被保険者証」が郵送されてきました。 父の介護認定の際、父の被保険者証を何度も見てきましたが、自分自身の被保険者証を手にすることになりました。 その後、9月に入り「介護保険料納入通知書」が送られてきました。 私もいよいよ介護保険サービス対象者の仲間入り...
社会保険と税金

65歳からどうなる?年金受給者の住民税非課税211万円の壁とは…

私は61歳から特別支給の老齢厚生年金を受給していますが、2019年8月に65歳になり、いよいよ老齢厚生年金の本来支給が始まります。 ところが年金収入には「211万円の壁」があるということを知りました。この「211万円の壁」は個人住民税が非課税になる金額です。 私の場合はまさしく年金収入が年額で210万円前後の支給になると思われます。個人住民税と...
2020.11.19