繰上げ

在職老齢年金

2022年4月以降、65歳未満の在職老齢年金の支給停止基準が緩和されます

会社員や公務員として厚生年金に加入している人が老齢厚生年金を支給される場合、在職老齢年金制度の対象となり、年金月額と報酬月額の合計額が支給停止基準額を上回る場合、年金の一部または全部が支給停止になります。 老齢厚生年金は、本来は、老齢基礎年金に上乗せする形で65歳から支給されますが、65歳未満の該当者には「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。 ...
2021.05.25
繰上げ繰下げ

年金繰上げ、2022年4月より減額率が1ヵ月0.4%に改正されます

老齢厚生年金と老齢基礎年金は65歳から支給開始となりますが、希望により60歳以降65歳なるまでの間で繰上げして受給開始することができます。 繰上げする場合は1ヵ月単位で申請できますが、繰上げすると一定の割合で減額され、その年金額が一生続きます。 これまでは1ヵ月に付き0.5%減額されていますが、2022年4月より減額率が0.4%に改正されます。...
2021.05.05
全般

厚生年金の繰上げは基礎年金も同時繰上げに…1ヵ月につき0.5%減額

老齢厚生年金と老齢基礎年金は65歳から支給開始となりますが、希望により60歳から65歳なるまでの間で繰上げ、66歳以降70歳になるまでの間で繰下げができます。 繰上げする場合は1ヵ月単位で申請できますが1ヵ月に付き0.5%減額され、その金額が一生続きます。 老齢年金の繰上げ受給についてまとめました。 令和2年の年金改革により、令和4年4...
2020.05.20